特別な日に欠かせないウェディングドレス!3つの選び方ポイント!

自分の体型に似合うものを選ぶ!

ウェディングドレスには、Aライン・プリンセスライン・マーメイドライン・エンパイアライン・スレンダーラインと5つのシルエットがあります。ボリュームがあるもの・ないもの、体型をカバーできるものと逆にボディラインが強調されるものなどそれぞれ特徴があります。デザインを重視して選ぶ方も多いでしょうが、体型に自信がない、よりキレイに見せたいという方は自分の体型に似合うウェディングドレスを選ぶようにしましょう。ぽっちゃり・痩せているだけに関わらず、身長によっても似合うドレスが変わってくるので、試着を繰り返しながら、一番体型をカバーできるドレスを見つけましょう。

なりたい自分の花嫁イメージを明確に!

シルエットだけではなく、色、レースやフリルの量などによってウェディングドレスの雰囲気は変わります。つまり、そのドレスを着る自分の雰囲気も変わるのです。そのため、かわいい系の花嫁になりたいのか、お姫様のような花嫁になりたいのか、大人系、シンプル系がいいのかなどなりたい花嫁のイメージを明確にしてドレスを選ぶことも大事です。イメージがあれば、そのイメージをもとに試着するドレスを絞っていくことができるので、時間の節約にもなります。

挙式のスタイルや会場の雰囲気に合うものを!

神聖な場所である教会では、極力肌の露出を抑えたドレス、華やかな結婚式場、ホテルなどではボリュームがあるドレスなど、挙式のスタイルおよび会場の規模や雰囲気に合わせてドレスを選ぶのもポイントです。そして、会場内が歩きやすいかどうかも考慮しましょう。ボリュームのあるドレスに決めてから、狭い会場を選んでしまうと、ドレスで歩く余裕がないなんて事態になりかねません。特に、ガーデンウェディングを考えている場合には、スレンダーなドレスを選ぶのがいいでしょう。

ウェディングドレスは人生最高のドレスアップ。幸せの門出にふさわしい自分らしさを演出して素敵な思い出の1ページを作ってくれます。