貯金はいくら必要?結婚式のための貯蓄は多ければ多いほど良い?

結婚式費用って具体的にいくら必要?

結婚式にかかる費用は平均で200万円から250万円と言われています。一ヶ月の給料から3万円を貯金としたとしても200万円貯まるのは約6年かかります。これでは資金面でも莫大な支出が必要となり、時間のロスに繋がるのですぐに結婚式を挙げられませんよね。ですが、見積もりで提示されたプランに工夫を凝らすだけで挙式費用を節約する事が出来ます。見積もりの内容や式場の利用料金を吟味し、削れるポイントを探していく事が結婚式の費用節約に繋がりますよ。

節約の為に自分で出来る事は自分でやろう!

結婚式に必要な事柄全てを式場に任せないという方法が挙式費用を大きく節約するでしょう。例えば、結婚式では新婦に必要となるブライダルインナーを式場で購入すると約5万円かかりますが、下着専門店で購入すると約1万円で揃える事が出来ますよ。ブライダルインナーの他にもブーケやブートニアも式場ではなく町の花屋さんやインターネットにて通常3万円する物を1万円で作ってもらう事が出来ます。式場で結婚式に必要な物を全て揃えようとすると値段も高くなってしまいます。ですが、自分で準備出来る物は式場に頼まず専門店等で購入すると挙式費用を節約する事が出来ますよ。

挙式費用節約には式場選びも重要!

自分で挙式に必要な物を準備した後は、安い結婚式場を選ぶ事で挙式費用を大幅に下げる事が出来ますよ。例えば、結婚式のみで披露宴を行わない場合、挙式プランが10万円以下に設定されている式場があります。挙式を10万円で行えるという事は貯蓄額も多く見積もって100万円あれば十分な式を行える事が出来ますよね。式場任せにせずに自分達で出来る事を全てやり、プランの安い式場を選ぶ事によって挙式に必要となる費用は最低でも約50万円必要です。見積もりの内容から削れる部分を分析する事によって、新郎新婦そしてゲストも満足出来る式を相場の200万円よりも安く挙げる事が出来るでしょう。

結婚式を節約して挙げましょう。ゲストハウスやレストランなどを利用して少人数でアットホームな雰囲気の式にすると節約することができます。