結婚式で着る衣装について

着たいものを着ることができる

結婚式で着る衣装は、一般的に挙式スタイルに合わせて決めます。となると、ウエディングドレスを着たい場合、人前式や教会式にしなければいけないと思うでしょう。しかし、最近は仏前式や神前式でもウエディングドレスを着て問題ないとされています。基本的に、着たいものを着ることができると言っていいでしょう。しかし、衣装を選ぶときは、あらかじめ計画を立てておくことが大事です。無計画で試着をしても迷うばかりでしょう。

事前に計画を立てておく

洋装にするか和装にするか、レンタルにするか買うのかを事前に決めておくことです。予算の上限も決め、両家で話し合いましょう。こう言うことをやっておけば、衝動買いや予算オーバーを防ぐことができます。試着も効率的にできるでしょう。ちなみに、最近ではお色直しは新郎新婦ともに1回だけと言うのが主流になっています。お色直しの回数を増やすと、途中で何回も中座しなければいけません。2回までにとどめるのがベストと言われています。

記念写真の別撮りを活用しよう

また、結婚式当日は洋装スタイルにしたいが、和装も着てみたいと希望するカップルが増えてきました。そう言うカップルから人気があるのが、記念写真の別撮りです。料金は割高になりますが、時間に追われずゆっくり撮れると言うのが人気の理由のひとつです。また、衣装の組み合わせパターンが豊富と言うのも評価されています。ただ、別撮りをいつ行うかをきちんと考えなくてはいけません。もちろん、費用もきちんと計算しておくことです。

老舗の福岡の結婚式場としては名鉄グランドホテルです。ここは長い間愛されており、長年のノウハウを持った結婚式場となっています。