日本らしい結婚式を挙げる

和の結婚と言えば神前結婚式

日本らしい結婚式としては、神社などで日本古来の神々の前で挙式する神前式というスタイルが良く知られています。最近では和の文化を見直す動きや、パワースポットとして神社などが注目される中で、神社で挙式するカップルも増えています。海外からも日本の伝統的な結婚スタイルとして認識されており、わざわざ来日して神社で神前式で挙式する海外のカップルもいます。実際にその歴史はそれほど長いわけではありませんが、皇室の挙式を基にしているので由緒正しい日本の結婚式と言えます。

仏前結婚式という選択肢もある

仏前式という日本らしい結婚式もあります。神前式が日本古来の神々、いわゆる神道形式であるのに対して、こちらは仏前式という名前からわかる通り、仏様の前で行います。仏教は外来宗教ですが、古くに渡来して日本文化の形成に深くかかわっており、神道同様日本の伝統宗教です。歴史は比較的新しく、明治時代になってから誕生しました。神前式に比べるとマイナーで、大体の式場で神前式で挙式できるのに対して、仏前式は対応していない式場も多いです。また宗派が色々分かれているので、仏前式で式を挙げたい場合には両家で事前に調整が必要となります。

今、和婚が注目を集めている

日本的な結婚式にしたいという場合には、何も神前式や仏前式にこだわる必要はありません。基本的にはドレスにタキシードを着用していても、披露宴の途中で和装にお色直しする場合もよく見られますが、これも広い意味では和風の挙式、すなわち和婚の一つです。今はこうした広い意味での和婚が注目を集めています。もちろん最も和の雰囲気を味わえるというのであれば、本格的な神前式や仏前式となりますが、ここでも伝統的な白無垢に綿帽子などではなく、色打掛で自由なヘアースタイルなど、様々なバリエーションがあります。

結婚式場を東京で挙げる場合、もともと決まっているプランではなく、自分らしく演出ができる結婚式場があります。